商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】

限男のローリング物語@

HOME限男のローリング物語‐目次‐ ≫ 限男のローリング物語@
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ

限男のローリング物語@

←前へ【限男のローリング物語‐目次‐
→次へ【限男のローリング物語A

【限男のローリング物語@】

これは、1人の若者?が相場で生きて行く道を探って行く物語である。

自分のこれからの生活に不安を感じていた限男は投資というものを本気で勉強してみようと思い、色んな投資雑誌を買い込んでみた。

そこで、長期投資に興味を持ち1株(1単)20万円位で買える株で試してみる事にした。

「やるならやっぱり値動きのある新興市場だな。」限男はラルフドアという銘柄に目をつけ350円で買った。

その後3銘柄ほど増やし、そのうちの2銘柄が少し上がり、利食いした。自分が働かないのにお金が入ってくる快感を覚えた限男は、もっと儲けたいと5銘柄ほど仕込んでみた。

時は5月頃、その時を天井に持ち株は全部下げていった。ただ安い、自分に買えるという理由で買った株である。目暗投資極まれりであった。

どうも雑誌に書いてある事には信用がおけないと感じた限男は、投資本のコーナーへ行き、興味があるタイトルの本を買い漁った。

どれも今にも儲かりそうな事が書いたあった。「これならやれる、もうヘマはしない。」そんな気持ちにさせてくれる本ばかりであった。

しかしいざやろうとすると、前の事があってか気持ち的に出来ない事が続いた。そこで、更に確信が欲しくてインターネットで見つけた売買法を数万円出して買ってみた。

「もうこれで将来は約束された!自分は秘法を発見したのだ!」テクニカルをベースに何とも完璧に思える売買手法が盛りだくさんのレポートは、限男を心底魅了した。

「さあやるぞ!」限男は意気込み売買を実行しようとした。がしかし、そのレポートに書いてあるように、平均移動線が上昇を示しゴールデンクロスになり、出来高が・・・という点を待ってエントリーするともう既に株価は上がってしまっていて、初心者の限男には売買のタイミングが上手く計れなかった。

「自分は投資に向いてないのではないか?」そんな思いが限男の脳裡を過ぎるようになったある日、ある変わった本と出合った。

その本には「相場の価格変動には波があり、それは3ヶ月周期を基準にしている」と書かれていた。

限男は頭をぶん殴られるような思いがし、目の前が明るくなっていくような気がした。

・・・続く

←前へ【限男のローリング物語‐目次‐
→次へ【限男のローリング物語A

オススメ

オススメの商品先物取引会社

詳しく調べたい方は
商品先物会社の選び方
岡地

岡地の特徴は、健全な財務内容と、手数料の割安感のバランス、つまりコストパフォーマンスの高さです。また、使用されている..... 続きはコチラへ

オススメの本

詳しく知りたい方は
オススメの本
サヤ取り入門
サヤ取り入門
鞘取り専門の入門書。鞘取りの専門書は少なく、貴重な本です。鞘取りの基本セオリー..... 続きはコチラへ
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
巷に出回っている相場関連の本は、「仕掛け方」に重きを置いたものが多いのですが、この本は違います。期待値..... 続きはコチラへ
マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
アメリカの先物市場、為替市場、株式市場で成功しているトップトレーダーへのインタビュー..... 続きはコチラへ
▲ページトップへ
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ
Copyright 2006 (C) 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 All Rights Reserved.