商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】

限男のローリング物語H

HOME限男のローリング物語‐目次‐ ≫ 限男のローリング物語H
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ

限男のローリング物語H

←前へ【限男のローリング物語G
→次へ【限男のローリング物語I

【限男のローリング物語H】

貴金属の取引を薦めてきたのは、大坂にある第一商店という会社だった。この会社はお客から電話が無い限り、セールスはしないと言っていた。では、何故限男の所に電話があったのか。

話は少し前に戻る。

大豆とコーンの取引を始めた頃、限男はまだ相場一本で生活するという決心がつかず、金儲け雑誌を読み漁っていたところ、低位株長期投資で貧乏から脱出した男の話が載っているのを見つけた。

更に、その男がホームページを開設しており、貧乏脱出策戦が色々、しかも無料で乗っている事を知り、早速サイトに訪問した。

そこで初めて知ったのが、ネット内職である。メールで送られてくる広告をクリックするとポイントが貯まり、それを現金化するというものである。これなら元手が要らないし、直ぐに出来そうだと思い、実行してみた。

ところが、時間が掛る割には金にならないし、メールの量は半端ではないし、広告主から送られてくる資料は沢山溜まる。一番困ったのは、広告主からの電話で、ただポイントが欲しくて請求しているとは言えずに参っていた。

その広告主の一つが、第一商店であったのだ。確か金取引のパンフレットを請求したと思う。金が無い身で、金取引など興味も無いが、ポイントのためと請求した訳で、まさか電話があるとは思わなかった。

しかし、まあ電話だからと適当に返事をしておいた訳だが、数日後、わざわざ福井までセールスにやってきたのだ。

その時は物腰も柔らかく、強引に薦める訳でもないので、好印象を持った。

セールスは白金が現在高値にある事、ファンドの買い越しが多く、近く必ず値崩れを起こす事を説明し、白金の売りを薦めてきた。

現在他社で、穀物のさやとりをやっている事を告げると、白金と金のさやとりをする事を提案してきた。穀物よりも堅い売買であり、確実に取れるという。

今さやとりで利益が出ている限男には、さやとり=結果的に儲かるという図式が頭の中に出来つつあり、危機管理が実に甘い状態にあった。

さてこの後の限男の行動は?・・・・・

・・・・・・・・続く

←前へ【限男のローリング物語G
→次へ【限男のローリング物語I

オススメ

オススメの商品先物取引会社

岡地

岡地の特徴は、健全な財務内容と、手数料の割安感のバランス、つまりコストパフォーマンスの高さです。また、使用されている..... 続きはコチラへ

オススメの本

詳しく知りたい方は
オススメの本
サヤ取り入門
サヤ取り入門
鞘取り専門の入門書。鞘取りの専門書は少なく、貴重な本です。鞘取りの基本セオリー..... 続きはコチラへ
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
巷に出回っている相場関連の本は、「仕掛け方」に重きを置いたものが多いのですが、この本は違います。期待値..... 続きはコチラへ
マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
アメリカの先物市場、為替市場、株式市場で成功しているトップトレーダーへのインタビュー..... 続きはコチラへ
▲ページトップへ
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ
Copyright 2006 (C) 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 All Rights Reserved.