商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】

限男のローリング物語K

HOME限男のローリング物語‐目次‐ ≫ 限男のローリング物語K
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ

限男のローリング物語K

←前へ【限男のローリング物語J
→次へ【限男のローリング物語L

【限男のローリング物語K】

さやとりの玉をコーン1枚だけの片玉にして、何故か気が楽になった限男は、アマチュアから脱してプロの相場師になった人達の本を見つけて読んだ。

どの話も限男を魅了したが、特に知りたかったさやすべり取りのプロの話は、限男にとって忘れがたいものであった。

まず気に入ったことは、理論が簡単だが説得力があったこと、さやを取るのだが売り玉しか建てない事、思惑で売買しないから考えないで済むという事等があった。

直ぐにさやすべり取りの教科書を注文し、その到着を待った。来た教科書は限男の期待通りであり、限男はさやすべり取り(以降ローリングと称します)を始める為、コーンの当先グラフと一代棒を書いた。

一代棒によれば、過去10年では発会より高く納会する事もあるが、やはり多くは安く納会する。つまり陰引けして利益になる事が多い事を確認した。

そして当先グラフにより、現在大きくさやが付いているのを知り、更に一代棒でも4本連続の高値更新になっている事でもあり、今建てているコーン3月限をローリング玉の開始とした。

昨年の水準からして高値にあると判断し、3月限に2枚売り増しし、次に発会した5月限は更に高く上ざやであり、1枚売ったが、上げの勢いが強いと感じ、まだ上がると思い売らずにいたらどんどん下がってしまった。仕方なく少し戻したところで1枚売り増しした。

思惑で売買をしないローリングにおいては、仕事と自覚して自分の考えを除外し玉を入れなければならない事もあるという事を学んだ。

これが後に活かされるかと言うと、それ程簡単ではないのが人の感情ではあるが・・・・

・・・・・・続く

←前へ【限男のローリング物語J
→次へ【限男のローリング物語L

オススメ

オススメの商品先物取引会社

岡地

岡地の特徴は、健全な財務内容と、手数料の割安感のバランス、つまりコストパフォーマンスの高さです。また、使用されている..... 続きはコチラへ

オススメの本

詳しく知りたい方は
オススメの本
サヤ取り入門
サヤ取り入門
鞘取り専門の入門書。鞘取りの専門書は少なく、貴重な本です。鞘取りの基本セオリー..... 続きはコチラへ
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
巷に出回っている相場関連の本は、「仕掛け方」に重きを置いたものが多いのですが、この本は違います。期待値..... 続きはコチラへ
マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
アメリカの先物市場、為替市場、株式市場で成功しているトップトレーダーへのインタビュー..... 続きはコチラへ
▲ページトップへ
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ
Copyright 2006 (C) 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 All Rights Reserved.