商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】

ルールの作成と検証

HOME鞘取りの心得 ≫ ルールの作成と検証
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ

ルールの作成と検証

←前へ【鞘取りの道具
→次へ【ルールの設定

【ルールの必要性】

鞘取り(サヤ取り)に限らず、相場を手掛けるには、売買ルールが必要です。
ルールといっても難しく考える必要はなく、最初は、誰かのマネでも、勝手に作ったルールでも、何でも良いです。(ただし、仕掛け手仕舞い(損切り)資金管理の3つのポイントを網羅している必要はあります)

※仕掛け・手仕舞い(損切り)・資金管理についてはコチラ

大切なことは、ルールは必ず文章にする、ということと、 日々の売買の中での発見を記録し、ルールを追加・改良・削除し、 有効かどうかを検証していく、ということです。

市場は常に変化するものなので、去年使えたルールが、今年はまったく通用しなくなる可能性もあります。そのために、常に相場を観察し、現在の売買ルールは通用するのか、一部分のみ通用しなくなったのか、それとも全部変更する必要があるのか、といったことを検証し続ける必要があるのです。

鞘取りの道具の章でも書きましたが、このルールの設定・検証というプロセスで非常に重要なのが、相場日記研究ノートです。相場日記と研究ノートは、是非作成するようにしてください。

私の場合は、ブロックと手書きのグラフを半年ぐらい書いていって、サヤを観察し、基礎となるおおまかな売買ルールを設定した後に鞘取り(サヤ取り)を開始しました。
後は鞘取り(サヤ取り)を手掛けながらルールの改良とその検証を繰り返しています。

最初に作ったルールは非常にアバウトなものでしたが、別段問題なく順調にきていますので(大きな失敗も何回かしましたが・・・)、手順さえちゃんと踏んだら、あとは思い切って始めればよいと思います(もちろん枚数は控えめにすることが必要ですよ!!)。

ちなみに、私は最初、仕掛け・手仕舞い・資金管理、それぞれ1個づつしか無い状態で鞘取り(サヤ取り)を始めました。それでもなんとか利益は出ましたので、ほんとうに簡単なルールでも良い、ということが分かると思います。

次章では、ルールの設定方法について書いていきたいと思います。

→次へ【ルールの設定

オススメ

オススメの商品先物取引会社

岡地

岡地の特徴は、健全な財務内容と、手数料の割安感のバランス、つまりコストパフォーマンスの高さです。また、使用されている..... 続きはコチラへ

オススメの本

詳しく知りたい方は
オススメの本
サヤ取り入門
サヤ取り入門
鞘取り専門の入門書。鞘取りの専門書は少なく、貴重な本です。鞘取りの基本セオリー..... 続きはコチラへ
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
巷に出回っている相場関連の本は、「仕掛け方」に重きを置いたものが多いのですが、この本は違います。期待値..... 続きはコチラへ
マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
アメリカの先物市場、為替市場、株式市場で成功しているトップトレーダーへのインタビュー..... 続きはコチラへ
▲ページトップへ
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ
Copyright 2006 (C) 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 All Rights Reserved.