商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】

相場の心理

HOME鞘取りの心得 ≫ 相場の心理
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ

相場の心理

←前へ 【ルールの設定
→次へ 【あとがき

【利益を生む心理状態】

いままでは、鞘取り(サヤ取り)をする上での「利益を出すルールの作り方」を書いてきましたが、この章では、「作ったルールに従うことを可能にする心理状態」について述べていきたいと思います。

今まで、株式投資・先物取引・FXなど”相場”といわれるものを、1回でもやったことのある人なら、「損切りラインに達しているが、もうすぐ方向は反転するはずであるので、もう一日様子を見よう」といった心理や、「利益になった。利食いポイントまでは到達していないが、反転して、利益が無くならないうちに、利益を確定しておこう」という心理は理解できるのではないのでしょうか?

ここまで、当サイトを読み進めてきた方なら、
これは「損小利大」の逆、「損大利小」の典型の心理であることが分かると思います。
こんなやり方をしていたら、相場から利益を得ることは難しいでしょう。

しかし、誰もが、この「損大利小」の心理状態に陥る可能性があります。

それでは、どうしたら、この心理状態から逃れ、
「利益と損失が混在することを納得して淡々と相場を張る」
ことができるようになるのでしょうか?

これは、一言で言うと経験を積むしかないのですが、
現在の未熟な自分でもできることはあります。

それは、「相場日記」を書くことです。
何を書くのかというと、仕掛け・手仕舞いの度に、それぞれの仕掛け・手仕舞いついて、その根拠を書くのです。

相場日記を書いていくことにより、根拠の無い仕掛け、あるいは手仕舞いをした場合には、それが明らかになるので、次回からの反省材料になりますし、その反省材料は、後々まで記録に残ります。

これにより、根拠のない仕掛け・手仕舞いを行なう可能性はかなり低くなると思います。

※相場の心理についてもっと知りたい方はコチラ

鞘取り(サヤ取り)を手掛けながら、試行錯誤を繰り返し、それを相場日記に記録していきましょう。
そうしてるうちに、いつのまにか、淡々と利食い・損切りを繰り返している自分に気付くと思います。
その状態が、「利益を生む心理状態」なのです。

→次へ 【あとがき

オススメ

オススメの商品先物取引会社

岡地

岡地の特徴は、健全な財務内容と、手数料の割安感のバランス、つまりコストパフォーマンスの高さです。また、使用されている..... 続きはコチラへ

オススメの本

詳しく知りたい方は
オススメの本
サヤ取り入門
サヤ取り入門
鞘取り専門の入門書。鞘取りの専門書は少なく、貴重な本です。鞘取りの基本セオリー..... 続きはコチラへ
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
魔術師たちの心理学‐トレードで生計を立てる秘訣と心構え
巷に出回っている相場関連の本は、「仕掛け方」に重きを置いたものが多いのですが、この本は違います。期待値..... 続きはコチラへ
マーケットの魔術師
マーケットの魔術師
アメリカの先物市場、為替市場、株式市場で成功しているトップトレーダーへのインタビュー..... 続きはコチラへ
▲ページトップへ
HOME鞘取りの心得ローリング物語商品先物取引会社の選び方オススメの本リンク集サイトご利用の注意サイトマップ
Copyright 2006 (C) 商品先物取引 鞘取り 【一鞘入魂】 All Rights Reserved.